豊胸手術のコンデンスリッチ豊胸の特徴

Pocket

コンデンスリッチとは、脂肪を注入する豊胸手術のことです。
太ももやお腹など自分の体から脂肪を吸引して、外気に触れない状態で遠心分離にかけると、手術後にしこりを作る老化した細胞などの不純物を取り除くことができます。
特許技術のウェイトフィルターで健康な細胞だけを使うという特徴があります。
コンデンスリッチ豊胸では、1~2カップ程度の大幅なバストアップができます。

使う脂肪は自分のものなので、異物に対するアレルギー反応は起こりません。
従来の脂肪注入法と比べて定着率が高いため、1回の手術で満足しやすいです。
一方、脂肪吸引を行うリスクはあります。
痩せている人は移植する脂肪が少ないので、コンデンスリッチ豊胸に向いていません。
麻酔は全身麻酔が行われ、手術が終わってから数日間は痛みがありますが、豊胸バックを入れる手術よりはダウンタイムが少ないです。
1週間は医療用のテープでバストを守り、2週間以降に腫れやむくみが取れます。
ワイヤーの入ったブラジャーを1ヶ月間は着用できませんが、3ヶ月も経てば違和感なく過ごせます。
しこりができる可能性はゼロでないため、異変を感じたらすぐに手術を受けた医師に相談するか、修正を行う美容整形外科に行きます。