加齢臭と生活習慣病の関連性について

Pocket

加齢臭とは名前の通り加齢によって変化してきた体質などによって発生する臭いのことであり、特に男性の場合はこの臭いが強くなる傾向が見られるということで嫌がられることも少なくないようです。
しかも洗濯をしてもなかなか臭いが消えないということも多いので男性の中では悩みを抱えているという人も多いと言われています。
そんな加齢臭は単純な体臭というわけではなく、実は生活習慣病と深いかかわりを持っているということが近年判明しています。

どういうことなのかというと、加齢臭は皮脂腺からにじみ出るもので、体内の脂肪酸が皮脂腺で酸化し、ノネナールと言う物質に変わり臭いを発生するものとなっています。

そのノネナールはは40代から強くなってくる傾向があり、その特徴としては食事やストレス、運動、喫煙、飲酒などの生活習慣が体内で蓄積することによって発生するようになっているというところです。
そのため人によって加齢臭が異なっているのですが、それは生活習慣が異なっているからであり、生活習慣病を抱えれば抱えるほど臭いがきつくなりやすい傾向があると言われています。
逆に言えば生活習慣病を改善すれば加齢臭も改善することができるため、そこから気をつけていくという必要もあります。